社会福祉法人おおぞら会



1979 三鷹市による「心身障害センター(B型)建設に関する基礎調査研究報告書」発表を機に、「府中養護学校肢体不自由児三鷹グループ」を結成
1980 養護学校卒業生の進路保障の為の活動をはじめる
1981 三鷹仲間の会を設立、作業所作りをはじめる
1982 はばたけ共同作業所開所、共同作業所全国連絡会に加盟
1984 東京都通所訓練事業として認められDランク230万円交付を受ける
1985 三鷹市、家賃補助開始、開所3周年記念式典開催
1986 三鷹市、プレハブ施設(20坪)建設貸与
1992 創立10周年記念のつどい、認可をめざす
1995 はばたけ共同作業所社会福祉法人設立準備会結成
1997 社会福祉法人おおぞら会認可
1998 知的障害者授産施設(通所)アクティビティーセンターはばたけ開設
2002 開所20周年記念式典開催
2006 グループホーム つなぐなかまのいえ 開設
2006 「サポートステーションあすは」 開設
2007 「NPO法人サポートネット武蔵野」と「サポートステーションあすは」の事業を統合。
新たに、社会福祉法人おおぞら会「サポートネット・あすは」としてスタート。
2008

短期入所「ショートステイさくら 開設」
児童デイサービス(知的障害児向け)あすは KIDS開設
法人10周年記念式典開催

2011 就労移行支援・就労継続支援(B型) 多機能型事業所 「工房 時(とき)」開設
小規模多機能型居宅介護(介護保険事業) (高齢者向け)「 野ざきの家」開設
社会福祉法人おおぞら会本部、新事務所へ移転

「ねがい」をもとに築きあげた「はばたけ」、そして「おおぞら会」

おおぞら会の原点は、知的障がい者向けの無認可作業所「はばたけ共同作業所」のスタートにあります。

養護学校を卒業する生徒たちが、地域でいきいきくらしていきたい、とのねがいのもとに、その活動の場づくりが、親、教師たちによってはじめられたのが1979年のことです。

国際障害者年(1981年)を契機にその運動は高まり、1982年、三鷹市にはじめての民間による障害者作業所「はばたけ共同作業所」を開所しました。とは言え、ボランティアセンターの一室での産声で、以降、あけぼの診療所、老朽アパート等、拠点を転々としながら、行政施策の谷間にある人たちの働く場・活動を追求しつづけました。

資金難は常についてまわりましたが、障害のある人たちが、通って、仕事をする場があることを喜ぶ姿は、多くの市民の共感を得、沢山の支援につながりました。

1986年、三鷹市から市有地にプレハブ施設建設貸与を受け、仕事に励む・生活の力をつける・豊かな表現力を自分のものにする、などの幅広い活動をすすめることができました。

無認可作業所を10年続けるうち、充実したサービスと、より多様なニーズに応えるため、認可施設建設の必要にせまられ、各方面へのねばり強い運動を展開し、1997年、三鷹市から土地の無償貸与を受け、社会福祉法人「おおぞら会」を設立、1998年4月、念願の知的障害者授産施設(通所)アクティビティーセンターはばたけを開設することができました。

今後は、地域生活を充実させるさまざまな事業の展開をめざします。

pagetop